来店カウンセリング予約
大阪・東京の結婚相談所

結婚相談所の婚活でありがちな失敗例(女性プロフィール編)

2020.02.13

結婚相談所の婚活における失敗例

医師・弁護士など、ハイクラス向け結婚相談所ミリアムです。今回は、結婚相談所で婚活する上で、最も大切な要素である「プロフィール」について、女性がよく失敗しがちな事例をご紹介します。

せっかくルックスもお人柄も素敵な女性でも、プロフィールに「ん?」と首をかしげる部分があれば、たとえ多くの出会いが期待できる「結婚相談所」でも、なかなか出逢いのチャンスが巡ってこないかもしれません。

就職活動のエントリーシートと同じく、 婚活もプロフィールによる”書類選考” が存在します。会わないと始まらない婚活、まずは会ってもらいやすいプロフィールを心掛けましょう。

【失敗例】キャリア自慢が鼻につく女性プロフィール

結婚相談所のプロフィールの失敗例

当結婚相談所が所属する日本結婚相談所連盟(IBJ)には、男女あわせて60,000名以上もの会員さんが、専用システム上にそれぞれ自分のプロフィールを公開しています。そして残念ながら、この中には「婚活」と「就活」を混同してしまっているかのような女性会員さんのプロフィールをよく見かけてしまいます…

例)海外勤務経験が豊富でグローバルに活躍されています!(※結婚相談所コメント欄)
例)〇〇大学を優秀な成績でご卒業された才女です!(※結婚相談所コメント欄)
例)外資系金融機関M&A業務に従事しています(※本人コメント欄)
例)TOEIC900点以上など外国語系資格多数(※本人資格欄)
例 特殊な技術系資格多数(※本人資格欄) …etc

このあたりの “キャリア自慢” が失敗例の典型です。残念ながら、結婚相談所の多くの男性会員さんには響かないアピールです。それどころか、書いていることで、男性から敬遠されることも多々あります。

【失敗例】無意識に会社自慢や部署自慢をしてしまう

結婚相談所の婚活における失敗例②

結婚相談所の女性プロフィールにありがちなんですが、自分の「会社規模」を大きく見せようとしたり、「所属部署」を薫り高く見せようとしたりする方が少なくないです。おそらくこれは無意識だと思いますが、、、非常に危険です。

例)仕事は大手メーカーで…(※本人コメント欄)
例)業界最大手の企業で…(※本人コメント欄)
例)外資系の投資銀行で…(※本人コメント欄)
例)現在は経営企画部で…(※本人コメント欄)

当然ですが、結婚相談所で公開するプロフィールは【結婚】を目的としたものであり、「就職」や「転職」するための履歴書・略歴書ではありません。上記の例のように、企業の人事部に対して、「経歴」や「スキル」を”背伸び”してまでアピールする場ではありません。

結婚相談所の会員様の目的は【結婚】です。それに必要なことが【婚活】です。その婚活の重要ツールであるプロフィールは、平たく言うと「素敵なかわいい”フツーの”お嫁さんを探している男性」に向けて「私はあなたの求めている良いお嫁さん候補ですよ ^^」とお伝えするためのものなんです。なので、プロフィールの中に、エッジの効いたアピールポイントは不要なんですね。ごくごく普通でいいんです。ましてや仕事やキャリアについて “鼻につく” アピールはご法度です。ほのぼのとした温かい家庭生活がイメージできる、普通の柔らかいプロフィールでいいんです。

結婚相談所のプロフィールでアピールすべき点

別に、ステレオタイプに「料理ができます」「家事ができます」と殊更にアピールをする必要はありません。ですが、上記のような「企業の人事部」に向けた「背伸びしたキャリア自慢プロフィール」より100倍有効です。

大切なことは、

①私のプロフィールを見る人は誰なのか?
②その見る人のうち、大多数が求めているものは何か?
③または大多数が敬遠してしまうものは何か?

というシンプルな焦点のみです。

決して誤解しないでください。前時代的な固定観念で、ステレオタイプな昭和の女性像を押し付けようとしているわけではありません。いまどき、絶対に「専業主婦希望!」なんて条件にしている男性会員は少ないです。女性ももちろん仕事します。

ただし、プロフィールを見るのは「企業の人事部」ではありません。そして、あなたを選ぶのは「企業の人事担当者」でもありません。

結婚相談所の婚活とは「素敵なかわいい”フツーの”お嫁さんを探している男性」がメインターゲットです。背伸びは不要です。しかもキャリアの背伸びはもっと不要です。

結婚相談所の男性会員は普通の可愛い女性を求める

バリキャリPR ⇔ 家庭的PR
仕事のできるカッコイイ女性イメージ ⇔ ほんわか可愛いらしいイメージ
資格自慢 ⇔料理自慢
華麗な海外経験 ⇔ 最近通い始めた素朴な習い事
わざわざ自分の勤め先を大手と書く人なのか ⇔ 自分で大手なんて言わない人なのか
わざわざ偉そうな部署名まで書く人なのか ⇔ そんなことは書く必要はないと思う人なのか …etc

就職・転職なら正解の場面もあるでしょう。
でも結婚相談所の婚活においては…

最後にちょっとだけ、おまけの失敗例です。

例)これまで仕事に邁進してきましたが…(※本人コメント欄)
例)海外に興味があり、新たな文化や価値観を知ることで自分の視野が…(※本人コメント欄)
例)〇月が繁忙期で毎日忙しくしており…(※本人コメント欄)

結婚相談所の女性会員さんが無意識に書いてしまう自己PRの表現ですが、実際問題、こういったものも危険だったりします。(※あくまでカウンセラー体験談です)

ぜひお気軽に当結婚相談所の初回カウンセリング(無料)へお越しくださいませ。結婚相談所の婚活において、肝心なことと、そうでないことを、端的にわかりやすく解説させていただきます ^^

MIRIAMメディア掲載実績
CLASSY婚活特集
プラスルミノお薦めの結婚相談所
Pretty Lifeお薦めの結婚相談所